「ゲストランナー高橋尚子」の売り文句に惹かれて参加を決めた「草加ふささらハーフマラソン」、走ってきました。

市制50周年を記念しての大会とのことで、来年以降続く大会なのかわからないのだけれど、市民にとってはとても大切な記念行事。

ゲストランナー効果なのか、全国から6000人の参加(北海道から4名、沖縄から1名と・・・)。

ハーフは5000人ちょっと。 さすが、Qちゃん人気凄いです。

普段は開会式なんぞ無視してウォームアップしているのに、今回は早めに並んで前から3列目を陣取りました。(イイ歳こいて・・と思いつつも)

開会式が始まる7時30分にはもうステージ前は黒山の人だかり。

委員長の開会宣言、市長の話や来賓の紹介に続きいて、出てきました! 高橋尚子。

流石に近くで見ると現役引退したものの、まだまだオーラを感じるものがあります。

 

soka-1.jpg

 

 

  soka-2.jpg後から知ったことだけど、TBSの新番組のキャスターとしてオーガスタでの石川遼のインタビューにいくために、今日から渡米とのこと。

それなのに、ハーフを走るというサービス精神に感服しました! 

普通ゲストランナーって、5kmとか10kmの部をお付き合い程度に走っておしまい、ってのが多いのに・・・・。

 

soka-3.jpgハーフスタートは8:00。 スタート前にゲートのステージから「それぞれの夢に向かって頑張ってくださ~い」と。 

スタート直前になって、スタートが5分遅れるアナウンスがあると、

「身体を冷やさないように~」とか、

その場の活気が衰えないように「つなぐ」ところなんか、メディアで揉まれた経験からくる反射運動なのかなぁ、なんて思ってしまいました。

号砲が鳴ってからは、スタートゲートのステージからランナーに手を振って見送り、本人はそれから集団に追いつくようにスタート。

5kmもいかないまだ混雑状態の中で走っていると、後ろから「Qちゃんくるよ~」の声。

振り向くと「はい~、脚元気をつけてぇ~」と声をかけながらランナーを縫うように走ってきます。

さすが・・・速い。 あっという間に見えなくなってしまいました。

レースは殆どが市街地を走るもので沿道の応援も暖かく、良いペースで走れました。

 

ゴール手前のあと1kmというところで、ふと先を見ると、向こうから「もう少しですよ~」と、Qちゃんがすれ違うランナーにハイタッチしながら逆走してくるではないですか・・・

思わず左手を差し出してタッチしてもらいました。 元気でますよ。 感激ですよねぇ、ランナーにとっては。

タイムは途中トイレに使った3分がきいて、100分を切れず1時間42分だったのだけど、今年の初レースとしては十分。 しかも僅かな時間でも高橋尚子と走れたことはいい思い出になるレースでした。

しかし、この人のサービス精神、大したものです。 

サービス精神というより正確には、「周囲への思いやり」の気持ちかな。

ますますファンになりました。

とにかく最後まで、夢をかなえる姿を見せてくれたことに感謝。

難しいレースだとは覚悟してましたが、こんなにはやくペースが乱れるとは、予想外です。

完走は立派。 ありがとう!

ニュース映像はこちらから

こんなレースの結末になろうとは、誰が予想したでしょう。


トラックの女王のプライドをかなぐり捨て、4度も倒れながら

ただただ完走を目指す福士選手の姿に涙せずにはいられません。

偉い!よくぞ走った!

 

走りを支えるツールについて

|

走ることを楽しくするのは、ウェアやシューズだけではありませんね。便利なグッズがあるんです。
走行距離を測ってくれるものを持ってますか?

GPSグッズがひとつの答えですね。

カーナビでおなじみのGPSですが、その技術の恩恵をランナーも受けられるんですね。

これの「Qちゃん、北京バージョン」観たいですね。

野口 vs 渋井

| | トラックバック(0)

昨日の東京国際女子マラソン、見応えがありました。
野口、渋井の一騎打ちが話題になりましたが、この映像を見ると二人とも克服してきた困難は同じように大きいです。 でも違う結果が出てしまう勝負の厳しさ・・・


10日、お馴染みの高地合宿先の米国コロラド州はボルダーからQちゃんが帰国しました。

北京五輪代表選考の勝負にかけるのは、来年1月の大阪国際か、3月の名古屋国際。

18日の東京国際は戦略的に見送ったんですね。

先日ここに書き込んだノルディックポールを使ったウォーキングの体験です。

6Kmほどを歩いたのですが、やはりフォームの面でマラソンと異なります。

それにやはり「走りたくなってしまいます」ね(笑)

努力の天才

| | トラックバック(0)

著者、山内武氏は大阪学院大学陸上部の指導者だった当事、学生としての高橋尚子の指導にあたった方。 

彼女がリクルートに入社し小出監督という伯楽に育てられる以前の学生としてのQちゃん(この本によると、学生時代は尚ちゃんだったそうです)を知ることができます。

・・・ってご存知ですか?

そう、あのクロスカントリースキーのように、両手に2本のポールを持って、せっせと歩くんです。
違うのは、スキー板ではなくウォーキングシューズやジョギングシューズを履いているってこと。

これ今、人気なんですね。